InterBEE 2018

InterBEE 2018 出展のご案内

                                    2018年10月吉日

 さくら映機株式会社は、11月14日(水)~11月16日(金)に幕張メッセで開催される
「InterBEE 2018」に出展いたします。

 今回の出展では「新4K8K衛星放送」や「ケーブル4K」などのコンテンツ量産時代に即応するために
ハイパフォーマンスを実現したリアルタイム編集システム「4K Prunus」や、ローコストでありながら
プロダクションリプレイサーバ(収録/リプレイ再生)と編集の機能を兼ね備えた新製品
「4K Prunus LIVE」、部分修正機能を搭載しMAや試写などマルチな局面でご利用いただける
高品質4K HDRプレイヤー「Prunus 4K Player」など、4K制作のあらゆる局面でご利用いただける
プロダクツを展示致します。又、ダイレクト編集機としてオリンピックのハイライト制作等で実績のある
「8K Prunus」が、8K60P 4:2:2 HDR対応のフルスペックシステムとしてバージョンアップ致しました。
8K HDRの臨場感あふれる映像がHD同等の軽快なレスポンスで編集可能です。ぜひ会場にてご確認ください。

出展概要は以下の通りです。
■開催概要

日時:2018年11月14日(水) - 11月16日(金)
   10:00~17:30 (最終日のみ17:00終了)

弊社ブース:ホール8 8312ブース

■展示内容

◆リアルタイム4K HDR 編集システム「4K Prunus」

  解像度を意識させない操作感・レスポンス性能を実現し、高速なXAVCファイル書き出し
 (Intra/Long)を搭載したHDR対応のノンリニア編集システムです。今回は大好評の部分修正機能
 (出力したMXFファイルを部分的に修正する機能)がXAVC Long200にも対応。制作時間の劇的な
 削減をお約束します。又、様々なHDR対応機能や、ワークステーション1台による
 4K60Pの追っかけ編集などオリジナル機能で充実した4K HDR制作をサポートします。

◆4K HDR ライブプロダクションシステム「4K Prunus LIVE」

  ローコストでありながら4K60P HDRの収録・撮って出し・スローリプレイを可能にした
 新感覚ライブプロダクションシステムです。ユーザーフレンドリーな専用UIによって、
 ワンマンオペレーションでも簡単に操作ができますので、小規模な中継現場(高校野球や
 イベントなど)からご利用頂けます。
 収録中でもボタン一つで瞬時に編集モードにスイッチができ、高度なカラーコレクションや
 モザイク入れなどの画像加工、そのままハイライト制作まで行えるハイブリッドな仕様となっています。

◆高品質4K HDR Player「Prunus 4K Player」

  編集以外でも4K映像のプレビューがしたいというご要望にお応えした4K HDR プレイヤーです。
 スレーブ機能で各種コントローラーからの制御や、Synchronizerを使用してDAWシステムと連携
 することができます。部分修正機能によりMA後の音声トラックの差し替えや、映像の修正が可能で、
 編集MA間の往復によるトラブルを防ぎます。

◆8KフルスペックHDR編集システム「8K Prunus」

  世界初の8K 60P 4:2:2 HDR対応のリアルタイム編集システムです。
 独自のクラスタリング機構で2ストリーム+4テロップが8K HDRでもコマ落ちせず編集可能です。
 さらにリアルタイムで実行可能な高品質カラーコレクションや収録しながらの
 追っかけ編集など、これからの8Kコンテンツ制作に必須の編集システムです。


本件に関するお問い合わせは、下記までお願いします。
さくら映機株式会社
〒170-0052 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ3F
Tel:03-6427-3971 / Mail:info@sakuraeiki.co.jp
http://www.sakuraeiki.co.jp

BackUP